CharitySanta サンタ新聞

サンタ新聞 2015年10月号

福島生き×活きキッズツアーin山梨《4日目》

2015年10月24日 23:21 by iijima-natsuki
8月12日
 
 
朝食は昨日作った桃のジャムを使ったサンドウィッチ。
食べ終わった子どもたちから水着に着替えます。
 

今日のメインは川です!
ですがその前に火起こし体験。
火がつく、つかないも重要ですが、何より昔の人はこんな作業をして生きていたんだということを感じてもらいました。
 

軽く汗もかき、川に魚のつかみ獲りに行きました。
川の冷たさに驚き、魚の泳ぎの速さに驚きました。
しかし子どもたちの適応能力が高く、どんどんと魚をGETしました。
安定の獲ったどーも見ることができました。
 

続いて獲った魚を捌きます。
「気持ちわるーい」「グロいよ」と声が聞こえる一方、「 かわいそうだよ」との声も聞こえ、 食べることに対する有り難みを感じながら魚を捌くことができたと思います。
 


捌いた魚はBBQの中で美味しく頂きました。
 
 

BBQも終盤に差し掛かると雲行きが怪しくなってきました。
次はみんなが楽しみにしていた川遊び。

しかし、天は私たちが遊ぶのを待ってくれているかのよう。

急いで川遊びに行きました。
子どもも大人も本気になって、ビショビショになり遊びました。
今まであまり笑顔の見れなかった子も川遊びでは最高の笑顔を見ることができました!

川遊びの後は最後の晩餐作りです。
みんなで食べる晩御飯も最後になりました。
最後は餃子を作り美味しく食べました。

晩御飯のあとは、じんちゃん、そして子どもたちがいつもお世話になっている家族への手紙書きです。
食後で眠い中、真剣に書いている眼差しは大人から見てもくるものがありました。
 


手紙をポストに投函して、キャンプファイヤーに移りました。
火を囲みながら作ったキャンドルを持ち、キャンドルの灯を回しながら子どもたち1人1人、ツアーでの思い出を語ります。
 

1人1人思い出があって思い出に浸りました。
最後の夜は長く、もうそろそろお別れです。
 

「もう少し一緒にいれたらいいのに」 そんなことを思いながら火を見つめ最後の夜を過ごしました。

関連記事

ネパールの子ども達と作ったオリジナルコーヒーが、チャリティーグッズに仲間入り!

サンタ新聞 2015年10月号

福島生き×活きキッズツアーin山梨《最終日》

サンタ新聞 2015年10月号

福島生き×活きキッズツアーin山梨《3日目》

サンタ新聞 2015年10月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)