CharitySanta サンタ新聞

2017年12月6日号

【福島生き×活きキッズツアー in広島 4日目】

2017年12月03日 00:09 by izumi121

午前中は夜のプログラムに使用するキャンドルをみんなで作成しました。


子ども達は大崎上島の美しい風景や好きな模様を思い思いに瓶のなかに描いていました。
作り方で困っている子に別の子がアドバイスしてあげたり、
後片付けを自分達で率先して行ったり、
来た時よりもとっても成長した姿を見ることができました。

そして午後は、大崎上島に別れを告げて、広島市内に移動し、平和記念公園へ。



広島平和近年資料館では、ガイドさんの説明をとても熱心に聞きます。


ときには質問したりしながら、
自分なりに、あのとき何が起こったのか、
そして自分には何ができるのか、
考えていたようでした。
それは夜の日記にも反映されていて、とても貴重な時間になったようです。

夜は、新しくできたSocial Book Cafe ハチドリ舎さんが、
みんなに夜ご飯をプレゼントしてくれました。

その後、自分たちで作ったキャンドルを使ってキャンドルナイト。


広島で様々な平和活動をしてきたハチドリ舎の安彦さんを交えて、
平和記念公園で感じたことのシェアや、
今後自分は何をしていきたいか、
思い思いに、そしてとても素直な意見を、
みんなが発表してくれました。


自分の人生で何をしていくのか、
考えるキッカケになってくれていたら嬉しいです。

今日の寝床は、
広島ゲストハウス緣, 彌酒-iyasaka- Bar緣, Hiroshima Hostel En


オーナーの正垣さんの、
ゲストハウスができた理由を漫画のワンピースになぞらえたお話しに、みんな夢中。
「自分のしたい!」を形にしていくヒントが詰まっています。

最終日は、全体の振り返りをして福島に戻ります。

子どもたちの胸の中にはどんな思い出が残ったでしょうか。
海のこと。
平和のこと。


様々なチャレンジがあるなかで、「福島の子どもたち」だからこそその思い出が未来に繋がっていくことを願っています。

関連記事

福島生き×活きキッズツアー2017@岡山を実施しました!《1日目〜キッズ到着♪高野尻へ~》

2017年12月6日号

福島生き×活きキッズツアー2017@岡山《2日目〜棚田の広がる美作市上山へ!~》

2017年12月6日号

福島生き×活きキッズツアー2017@岡山《3日目〜おまつり準備に林業体験!~》

2017年12月6日号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)